当サイトでは生命保険の選び方とおすすめの生命保険会社について紹介していきます。

生命保険の賢い選び方~あなたの目的で保険料が決まる!~ TOP

生命保険の賢い選び方~あなたの目的で保険料が決まる!~ TOP

生命保険というのは、「1人1人は万人のために、万人は1人のために」などといった相互扶助の精神で成り立つものです。
生命保険に加入する目的とは、病気や事故による死亡、火災をはじめ事故がもたらす経済的な不安を軽減させることです。

そして、預金は三角、保険は四角と言われているのですが、一体どういう意味なのでしょうか。
預金はゼロから一定額を預けていくことで貯蓄が増えていくのですが、保険の場合は加入すると同時に一定の保障額が受けられるようになります。
もし、病気や事故などにあってしまうと、たくさんのお金が必要となります。
もしお金が十分にあれば、保険に頼らずに済みますがそのような方はほとんどいないのではないでしょうか。
実際に、サラリーマンなどの収入については、どの会社も生涯年収という観点で比較するとそれほどの差がありません。
そのため、毎月ちょっとずつ積み立てることで、多額の預金を準備することは難しくなっています。
一方、生命保険は契約すると同時に少額の保険料で万が一の際には多額の保障を受けられます。
保険は大数の法則で成り立っており、この原則は17世紀の数学者ベルヌーイが定式化したものです。
このような統計と確率の法則により生命保険料や保障料が算出されます。


現状を踏まえた生命保険の選び方

就職、結婚、子供が生まれたなど、何かきっかけがあって保険に入る方も多いのではないでしょうか。
生命保険を選ぶにあたって、大切なことは、自分のライフスタイルを考え、自分にとって起こりうるリスクを保証してもらえるかどうか十分に検討することです。

もし、保険料が高く感じた場合は、保障額を減らしたり、自分にとって不要な特約を外すことも可能です。

多くの方は、自分に万が一のことがあった場合に家族にお金を残すため、または病気やけがをした際の治療費を保障することを目的として保険に加入します。
そして、年齢や生活スタイルなども考え本当に保険に加入する必要があるのかどうか考えると良いでしょう。

若い世代であれば、お葬式代などはあまり考えないかもしれませんが、子供が生まれた後も、万が一に生命保険に頼るほどの保障が必要であるかどうかも考えるようにしましょう。
それから、自分に万が一のことがあった場合に、残された配偶者に十分な収入があるかどうかも考えて保障額を決めると良いでしょう。
それから、独身の方であれば、特別な事情がなければ、わざわざ高額な死亡保障を付ける必要はないと思います。
このように、ライフスタイルなどを考慮して、生命保険を選ぶことが大切なのではないでしょうか。


安い生命保険とは

生命保険とは、加入者に万が一のケースが起こった場合、残された家族に保険金を支払い、その後の生活を保障するものとなっています。
特に、保障が充実しているものほど、支払い保険料が高くなる傾向にあります。
万一のことを考えた場合、それなりの保証が必要となりますが、保険料が家計を圧迫するのでは意味がありません。

そのため、生命保険を選ぶ際には、同じ保障内容でいくつかの保険会社を比べてみて、保険料が安いところを選ぶという方法もあります。
そして、当サイトの管理人が保険料を比較してみたところ、最も保険料が安かったのは、「ライフネット生命」でした。
ライフネット生命は、ネット専用の生命保険会社で、コスト削減により、安い保険料を実現しました。

ただし、単に保険料の安さだけで保険会社を選ぶことはかなりリスクの高い方法となりますので、万が一の場合にどのぐらいのお金が必要になるのか、を十分に検討したうえで、必要な保障が受けられる保険商品を選ぶようにしてください。

特に子供がいる場合は、子供の年齢や教育費にどのくらい必要になるのかも考慮しておく必要があります。

一般に、一家の大黒柱に万が一の事態が生じた場合の家族の生活は、これまでの7割程度になると言われています。